家出娘との出会い-割り切り体験レビュー

家出娘への恋

至急。誰か助けてください。条件付きで会える方。驚く程、キレイな程の定型文の書き込み。しかし、彼女の正体はDVを受けている家出娘だった。実は、彼女との出会いが、出会い系サイトで知り合った女性の中で、一番の想い出になった出来事でした。

 

なぜなら、8日間も俺の家に居候をすることになった出会いでもあるから。
そして、何より、俺は彼女に真剣な恋心まで抱くようになったからです。

 

彼女との出会いは前述の通り、PCMAXの【今スグ掲示板】の書き込みに返信したことがキッカケだった。家出している女性の書き込みには到底想像できない内容です。彼女と仲が良くなった後に聞いたのだが、その時は必死だったらしい。とにかく、即家を出なくては、父親に殺されるのではないかと真剣に恐れていたらしい。事情を聞くと、よくある話しなのだが、アル中で借金まみれの最低の父親らしい。彼女の母が死別した後。酒に狂い、女に狂い、娘の教育など放ったらかして、暴力まで振るう始末。22才でバイトをして生計を立てていた彼女は、自立して家を一刻も早くに出ることに迫られていた。しかし、それを父親が決して許さないらしいのだ。

 

最初、俺の家に来た彼女は、そうした事情を一切話しはしなかった。最初はケンカして家を出てきたとしか言わなかった。それで、一晩だけ泊めて欲しいと、俺に頼み込んできた。彼女の様子を見ると一晩だけでは済まないであろう直感を感じた。でも、俺に断る理由もない。むしろ、ワクワクした気持ちに駆られた。必要であれば何日でも泊まってゆけば良い。当初、親切心と言うよりは、若い女性に対する性欲と好奇心。下心満載だと言って良かった。案の上、翌日も彼女は俺の家に泊まることになる。

 

彼女が本当の事情を打ち明けたのは、3日目の昼間。休日だった俺は、彼女と一緒に近所のファミレスで飯を食っている最中に打ち明けてくれた。それを聞いた俺は、余計なアドバイスをたくさんしたと想う。だが、相手は血の繋がった父親である。どんなアドバイスも小手先のものでしない。彼女の悩みを根本的に解決するのは、父親の改心を期待するか、親子の縁を断ち切るしか術はない。最終的には、彼女の望むことを、自分でできる範囲、手助けしてあげる以外にはなかった。

 

俺が仕事に言っている間。彼女は家の掃除もしてくれたし、晩御飯まで作ってくれていた。俺自身、上京してきて3年。女性と同棲したことは一度もない。彼女とのひと時の暮らしは、俺にとって、本当の幸せを実感できるものであった。このまま、この暮らしが続けば良いと心底願ったものである。だが、この暮らしは長くは続かなかった。

 

彼女が家出してきてから8日目の朝。俺はいつも通りに、派遣先の会社に出社した。仕事が終わり、彼女へのお土産に、屋台のたこ焼を2人前買って家に帰宅した。家に入ると、彼女は、ちょうど焼きそばを作ってくれていた。たこ焼と相性がバッチリである。一緒に焼きそば&たこ焼きを食べている時。彼女が、唐突に言った。「今までありがとうございます。」スッキリした笑顔を俺に向ける。心の中で何かが壊れる予感を感じた。彼女の言葉と笑顔は明らかに、この暮らしの終わりのサインだったからである。

 

その日の昼間。彼女の父と連絡を取ったらしい。娘が家を出て8日が経過した父親は、心配になり警察に捜索願いまで出していたらしい。何より、彼女が実家に戻る決意をしたのは、電話で父親が泣きながら、真剣に謝ってきたからだと言う。その話しを聞いて、俺は安堵した。彼女の家出がいつまでも続けられるものではないことは、心のどこかで覚悟していたことだ。食事が終わった後、彼女は実家に戻ると言う。最後にお礼を言いたかったらしい。また会えると思った俺は、彼女に次の休みは何をしているかと聞いた。彼女は、静かに答えた。「ゴメンなさい。ここに居ると、○○さんに迷惑かかるし、それに、ワタシには好きな人がいるんです。」そこからの言葉は覚えていない。ショックの受けた俺は、精一杯にやせ我慢をするしかなかったからである。

 

後片付けを終えた後。彼女は、自分の荷物を持ち、1LDKの狭い玄関で俺と向き合う。この時の顔が彼女を見る最後だった。「今までありがとう。」そう言って彼女は背を向けて、静かに玄関のドアを閉めた。後を追いたかったが、それはしなかった。いや!できなかったと言って良い。

 

彼女との8日間は、俺にとっては、素晴らしい宝物の記憶です。お互いに正直な心を交わしたのは事実。割り切りの出会いを通じた、不純な動機や出会いであっても。この出会いだけは、お金では買えない貴重な体験をしたと今でも思っています。そして、この出会いがあったからこそ・人と人との出会いは、どんな不純なものであれ、心からの信頼を築けるチャンスが秘められている。少なくてもワタシは、そう信じているからです。

 

関連ページ

デートの出会い-割り切り体験レビュー
茶飯と呼ばれる援助娘とのデート。一緒に映画鑑賞に行った時間は恋人同士のような時間だった。
精神疾患の女との出会い
精神疾患を持っている援交女性との体験。生中出しは当たり前だと言う彼女は明らかに病んでいた。
お泊りの出会い-割り切り体験レビュー
至急。誰か助けてください。その書き込みをしている女性は帰る家がないDVを受けている娘だった。
JC出会い-割り切り体験レビュー
早速、弁護士に相談。大阪の援デリを通じてJC(女子中学生)と割り切りの出会いを作ってしまった失敗体験談。
車内割り切り!1万5千円でカーセックス
車内割り切り(カーセックス)を1万5千円で体験した話。予想外に可愛い子を駐車場でハメた結果。露出願望も刺激される模様。

トップページ 割り切り掲示板 アブノーマル掲示板 よくある質問 運営者情報