割り切りの出会いと法律

割り切りは法律のグレーゾーン

割り切り出会い法律

割り切りの出会いは法律違反なんじゃないの? そう考える人も少なくはないでしょう。援助交際イコール反社会的な行為として、世間一般では認識されているので当然です。しかし、実情は、出会い系サイトで行われている、個人同士の密約による出会いは処罰を受けることはありません。

 

お互いが18才以上の成人男女であり、個人同士の合意の上であれば、割り切りの出会いをしても法律違反にはなりません。

 

サイト内で売春目的に知り合うと言うことは、営業許可外においての売春買春行為なので、厳密に言うと、売春防止法に抵触します。しかし、それを証明する手立ては確立されてはいない。

 

なぜなら、18才以上の男女が自由恋愛において出会い、セックスをして、その対価として男性が女性に金銭を与えても、それ自体は罪でも何でもありません。これを取り締まることなどできようがありません。

 

だから、サイト内でのサポや援交は、法律のグレーゾーン内での遊びと言っても良い。

 

仮に、警察が本気で取り締まりを行うにも、あまりに件数が多すぎだし、そのような予算や人員もいないので、現実的ではありません。

 

しかし、絶対に許されない割り切り(援助交際)があります。その場合は理由の如何に関わらず処罰されます。

 

特に18才未満の児童を性行為のパートナーにする為に誘ったり、性行為をした場合は、金銭の収受の有無に関わらず、出会い系サイト規制法により男女双方処罰を受けます。13才未満の児童の場合は男女の合意があっても強姦罪が適用されます。

 

出会い系サイトを通じた中で、法律違反になる場合は以下が代表的なものです。

 

法律に違反して処罰を受けるケース

 

18才未満の児童と出会い性行為を行う。

 

18才未満の児童を誘ったり、援交を持ちかける行為。

 

公衆の目に触れる掲示板で明示的に売春相手を募集する。

 

無許可で行う管理売春

 

交際相手を脅して金品を奪う恐喝行為

 

交際相手に暴行・監禁を行う。

 



トップページ 割り切り掲示板 アブノーマル掲示板 よくある質問 運営者情報