性病予防

性病には気を付けよう

割り切り性病

割り切りの出会いでは、性病の予防をすることは非常に重要。風俗とは違い、管理されていない環境下での性行為を伴う出会い。不特定多数の男女と性行為を交わしている可能性が高い男女同士が出会うのです。当然、性病の予防も自己責任において行われなくてはいけません。

 

自分だけは大丈夫だと言う考え方は、相手に迷惑をかけるだけでなく、自分にも危害をもたらします。淋病や毛じらみなどは治療することは可能ですが、、万一、エイズなどに感染すると、一生後悔するハメになることを忘れてはいけません。厚生労働省によれば、2013年の日本のエイズ感染者は新たに、約1500人以上追加されていると報告されています。

 

用心の為に、血液を干渉する性行為を避けることで、最悪だけは回避することができます。、最低限の予防を意識することで、感染する確立は激減します。何より、後で心配になったり不安になったりしない為にも予防を実行するだけでも、心理的なストレスを感じることは激減します。性病には、絶対に感染したくないという方であれば、割り切りでの性行為自体が危険なことを意識すべきです。

 

割り切りにおける性病予防

 

性器の確認をする

異常をきたしている相手との性交渉は絶対にしてはいけない。

 

男性の危険サイン

尿道から膿が出ている

イボやブツブツが見られる

亀頭のただれ

尿道口の色が赤い

 

女性 危険のサイン

性器のイボやブツブツ

悪臭

ヨーグルトっぽい泡状のおりもの

 

性行為の前後にシャワーを浴びる

身体には目に見えない様々病原菌が付着しています。温度が高めのシャワーで綺麗に洗い流すことで、除菌できる菌も多い。

 

傷口がないか確認

口の中、性器に傷があれば危険です。相手の性器を触る指も同様です。血液干渉は最も感染率が高い原因の一つ。

 

コンドームを使用する

ゴムを使用することで、大抵の性病感染の確立を激減できるが、100%ではないことだけは留意する。割り切りでのセックスにおいては必須のアイテム。

 

まとめ

STD(性感染症)を自覚している人との出会いは極めて稀ですが、怖いのは自覚していない人です。自分の性器が悪臭を出して、異常をきたしているのに気が付かない女性もいるくらい。性病の予防はすべて自己責任において対処すべきだと著者は考えます。上記に挙げた項目を確実に実行することで、割り切りにおける遊びを安心して行うことができます。

 


トップページ 割り切り掲示板 アブノーマル掲示板 よくある質問 運営者情報