割り切り

出会い系サイトは何でも良いわけじゃない。

割り切りの出会いをするサイトには絶対に満たさなくてはいけない条件があります。

 

それは、本物の素人が、そのサイトに大勢登録して利用していることです。登録しているだけじゃなく実際に活動しているアクティブユーザーじゃなくてはいけないという意味。

 

ハッキリ言って、アクティブユーザーが数千人とか数万人では全然足りません。あなたがお住まいの地域だけに特化しているサイトならば良いですが、出会い系サイトの9割以上は全国を網羅しているサイトばかりです。たとえ、会員数が1万人いたとします。アナタがお住まいの地域でアクティブユーザーがどれだけいると想像できますか?

 

日本の人口の1割以上が集中している首都圏でも、1万人であれば、たったの1000人しかいません。その中でアクティブユーザーは、せいぜい3割程度。つまり、首都圏の中で約300人しかアクティブユーザーがいない状況の中で、アナタがお住まいの近所で出会えると思いますか?しかも、他の強合相手を押しのけなくてはいけません。かなり厳しいことが予想されるはずですよね。もしも、地方にお住まいの方ならば、全国サイトで1万人では絶望的な希望です。掲示板への投稿が3日前に、一通しか投稿されていないという状況も珍しくはありません。そういうサイトもかなり多いので、サクラやコンピューターによる偽造を装う悪質な出会いサイトも多い。

 

実際に会員数を公表していない出会い系サイトが多い。本気でユーザー同士を交流させることが目的であれば、地域に絞った運営をするしかないはずですが、多くの出会い系サイトは全国版です。本物のアクティブユーザーは地方によっては数人しかいないのが現実。それでも、良心的なサイトはサクラを使わずに一生懸命に会員数を確保する為に、あらゆる施策を行って会員を集めています。しかし、そういったサイトでも残念ながら会員数は公表しておりません。本当の会員数を公表したら最後。誰も登録しなくなるのが予想されるからです。

 

では、出会い系サイトで数百万以上の会員数がいるサイトなんてあるのか?と聞かれそうですネ。実は出会い系サイトの黎明期から運営しているサイトが少なからずあります。豊富な資金力も元に、創業当初はサクラでも何でも使って、会員数を堅実に伸ばし続けてきた老舗のサイトがいくつかあります。(100~200万人を超えた時点でサクラを雇うのは辞めたとの噂)

 

会員数が300万人を超えているサイトでは、日本では下記の出会いサイトが有名です。
堂々とパブリックな場で公表しているくらいです。

 

イクヨクルヨ(会員数600万人)
PCMAX(会員数450万人)
ハッピーメール(会員数400万人)
ワクワクメール(会員数300万人)
ミントC!Jメール(会員数300万人)

 

上記に挙げたサイトが、2014年現在、日本で利用するに値する出会い系サイトだと私は考えます。そして、確実に近所で割り切り相手を、確実に探すことができるサイトは、上記の5つ以外には考えらません。他にも、使えるサイトがありますが、会員数が200万を超えているサイトが、極めて少ないのが現状。

 

人は人がたくさん集まる場所に集まります。出会い系サイトで穴場を探すのは、万馬券を当てるのと同じくらいに難しいでしょう。特に割り切りの場合は、その日に出会うことを目的にしたユーザーが大半です。なので、アクティブユーザーが多いサイトを使うのは常識。特に女性は、有名ファッション雑誌に出ているサイトや知名度を優先します。穴場の無名・新規サイトに登録する理由がどこにもありません。

 

その為、割り切りを目的に出会い系サイトを利用する際は、必ず会員数を確認してから利用すると良いでしょう。

 

割り切り掲示板


 

関連情報


トップページ 割り切り掲示板 アブノーマル掲示板 よくある質問 運営者情報